不眠のタイプ別改善法を知って、質の良い睡眠を手に入れよう!

夜が怖い、眠れないから怖いという人へ

夜が怖い、眠れないから怖いという人へ_イメージ画像
Pocket

夜が来るのが怖い という人がいます。

眠れない状態が続くと、人は眠れないことを恐れるようになってしまいます。

 

そこまでいかなくても、明日も仕事があるのに眠れなくてイライラしてしまう ということは

誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?

 

 

眠れないなら気にせず好きなことをする

眠れなくてこわい、もしくはイライラしてしまうという人におすすめなのは、

気持ちを切り替えて、

無理して寝ようとしないことが一番 のオススメです。

 

1日寝なくても人は死にません。

2~3日眠れなくて死んでしまったという人は聞いたことがありません。

今日眠れなかったら、一日くらい徹夜して、

明日の夜思いっきり眠ればいいやと気持ちを切り替えましょう。

もし明日も眠れなかったら、きっと明後日はぐっすり眠れるはずです。

 

不眠状態が長期間つづいてしまったらそれは健康を大きく害することになりますが、眠れないことを怖がったり、眠れなくてイライラしながら布団の中で無駄な時間を過ごすくらいなら好きな本を読んだり、

録画しておいたテレビを見て時間を有効利用しましょうそのとき、出来るだけ好きなこと、もしくはリラックスできることをするのがおすすめです。

そして、もし眠たくなってきて、(これなら眠れそうだ)

ってなったら布団に入ればいいのです。

 

恐いときも、イライラしている時も眠れるわけがない

動物は安全な場所でリラックスした時だけ眠れる ものです。それは人だって同じこと。

眠れないのではないかと恐がっているとき、

眠れなくてイラついているときというのは、

交感神経が優位になってしまい、血圧が上がり、緊張状態になっています。

とてもじゃないですが、眠れるわけはないんです。

 

そして、好きなことをしたりして安心状態になれば交感神経から副交感神経にスイッチが切り替わり、だんだんとリラックスしてきます

 

そうすればきっと眠れるようになるでしょう。

眠れないなら寝なくていい、そう思うだけでも気持ちが楽になるはずです。

 

Pocket