不眠のタイプ別改善法を知って、質の良い睡眠を手に入れよう!

メラトニン 眠気を誘うホルモン

「メラトニン ~ 眠気を誘うホルモン」のイメージ画像
Pocket

睡眠に関係するホルモンはいくつかありますが、

「メラトニン」人を眠りに誘ってくれる

とてもありがたいホルモンです。

 

睡眠ホルモンと言われるメラトニンとは?

メラトニンは充分な量が分泌されると

人を眠たくさせてくれます。

そして、朝になると分泌量が減り、

目が覚めるのです。

 

一般的に夜21時くらいから分泌され始め

2時間くらいで人は眠たくなり始めると言われています。

 

 

人の体内で作り出されるホルモンですが、

サプリメントなどで摂取しても効果はあることが分かっています。

 

朝日を浴びてから14~16時間後に出る

事も分かっています。

 

メラトニンの分泌を促す方法はあるの?

朝日を浴びてから14~16時間後に分泌されると書きましたが、

他にも、体温と関連があることも分かっています。

 

体温が急激に下がると

分泌が促されます。

そのため、お風呂などの時間を調節することで、

メラトニンの分泌を促し、

入眠しやすくすることも可能です。

お風呂の時間で寝つきをよくする方法とその仕組み

 

 

また、夜21時以降、メラトニンが分泌され始めてから

強い光を浴びるのは良くないと言われています。

そのため、テレビやスマホ・パソコンを夜するときは注意が必要です。

睡眠と明かりについて、夜のテレビやPCは良くないの?

 

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:健康関連の記事を更新したよ

Pocket