不眠のタイプ別改善法を知って、質の良い睡眠を手に入れよう!

お酒は眠りを助けてくれる?いやいや入眠障害の人ほど飲んで寝るのはやめましょう

お酒は眠りを助けてくれる?いやいや入眠障害の人ほど飲んで寝るのはやめましょうのイメージ画像
Pocket

お酒を飲むと、よく眠れる

確かにそうですよね。

適量のお酒は気持ちをほぐしてリラックスさせてくれます

体温を上げるので、

寝つきを良くしてくれます。

 

でも、実は眠りの質を落として

中途覚醒熟眠障害のような状態になってしまいます。

 

また、眠るためにお酒が必要

なんて状態になってしまうと、

もっと怖いことになってしまうんです。

 

 

 

お酒と眠りについて

お酒を飲むと眠たくなる、

または

よく眠れる

 

実際寝つきが良くなることは確かですが、

アルコールは分解されてアセトアルデヒドになると、

交感神経を刺激してしまいます。

リラックス状態の副交感神経から

交感神経に変わってしまうので、

眠りの質が落ちてしまうのです。

 

せっかくお酒の力を借りて眠っても、

眠りの質が悪く疲れが取れなかったり

夜中に目が覚めてしまっては意味がありません

 

お酒が好きでよく飲むという人は、

できるだけ眠りにつく3時間前まで

しておきましょう。

 

お酒の量にもよりますが、

一般的に、3時間前までに飲み終わっていれば、

影響は少ないでしょう。

 

また、ご自分にとって

睡眠を妨げない量を心掛けるというのも、

上手な付き合い方だと思います。

 

また、入眠障害がある人が、

お酒の力を借りて寝ようとするのは要注意です。

 

お酒の力を借りないと眠れなくなってしまうと、

アルコール依存症になってしまう可能性があります。

夜眠れない人ほど、

アルコールの力を借りて眠るのはやめましょう

 

ご家族でお酒に頼って眠るのが癖になっている方がいたら、

お医者さんに相談することを考えたほうが良いかもしれません。

 

 

 

コーヒー、タバコと眠りについて

 

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:健康関連の記事を更新したよ

Pocket